忍者ブログ

ムー 雑記帳

不定期更新gdgd日記

[104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エジプト旅行記~その7~

先週はなんか淡白な旅行記になってしまったので反省。

ちょっと、前回からでてきた新しい地名、「ルクソール」について補足です。
カイロから飛行機で1時間ちょっと(約670km)ナイル川を南に南下した所がルクソールです。
ここは、中王国時代から新王国時代にかけて、エジプトの中心だったそうです。
昔は「テーベ」と呼ばれてました。

実際に見た感じですが、
カイロとは違った雰囲気で、のどかな感じ。
カイロでは、ゴミのポイ捨てが多く、すげー汚かったので
それに比べると綺麗な印象を受けました。
個人的には「カイロよりルクソールの方がいいな~。」と単純に思いましたw
ルクソールが気に入って長く滞在する観光客も多いそうです。

*午前中はルクソール西岸を観光しています。

あと、もう1個補足。

前回は王家の谷のレポートでしたが
その時にエジプト考古学者で有名な吉村作治さんの名前が
ガイドさんの口から登場してました。

『現地では、吉村作治は有名じゃない』
だそうです。。orz

ただ、『吉村さんのお陰で、日本人観光客が増えている』
とか何とかってフォローしてましたがwww

写真にあいにくないのですが、吉村さんが寝泊りしてた建物とかもありました。
なんかすごい崖の上にありましたよー。

ということで、王家の谷の次は「ハトシェプスト女王葬祭殿」デス!



ハトシェプスト女王葬祭殿
 
エジプトで初めての女王の葬祭殿。
ハトシェプスト女王、アメン神、トトメス一世(父親)
の為に造られた葬祭殿です。(ハトシェプスト女王が建てました)
補修工事をやりすぎたらしく、かなり綺麗に整ってます。

ここは、1997年にテロが発生した場所でもあります。
(多くの日本人観光客も犠牲になっています)
テロリスト達は崖の方から降りてきたそうです。(自力で)
そんな事はもう起りませんように! ><

この崖、右にもぐるっと続いているのですが、
その崖の中に、多くの穴があります。(写真じゃ見えないけど。。)
これは貴族の墓だそうで、崖が墓だらけ。


ハトシェプスト女王葬祭殿に上って回れ右をしてみた。
 
正面写真は、結構近くに見えましたが、実際こんなに距離があります。
さっきの正面写真は、青い↓辺りで撮ってます。
赤い○で囲った部が第1テラス。
この階段を上ると踊り場(第2テラス)があって、
さらに傾斜道を登ると踊り場(第3テラス)があります。

第3テラスに到着。右を向いてパシャリ。
 
 
この柱をくぐると壁画があります。
こっちにいくとハトホル神殿(併設?というか一つの建物にあります)

ハトホル神殿にあったハトホル女神の柱

古代エジプトの愛と幸運の女神
牛がモチーフ。
あと、音楽の神様だそうなので めっちゃ拝んできました。

古代エジプト神話の神様は動物で例えられていることが多く、
はやぶさやライオン、ワニ、カバなど、たくさんの神様がいます。
(ちなみに、ワニ、カバ、もう1個忘れた は悪い神様)


次はメディネト・ハブ(ラムセス3世の葬祭殿)へ~

ラムセス3世の葬祭殿 入り口

壁画にはラムセス3世が戦っている姿が描かれてます。
かなり保存状態がよくて、壁画はすごく見やすかったです。

入り口から入ると・・・

柱でぐるっと囲われてます。

上の写真の右側↓

 
結構顔が壊れてます。。

社会化見学(?)
 
ここで現地の小学生集団に遭遇。
休憩中かも。日差しが強いから暑いよねぇ。
先生もちゃんといましたww

これで、3日目の午前中の観光が終了です。
昼ごはんは何故か中華料理。
良さげなホテルの中にあるレストランでした。
絵的にフツーだったので撮らずw


午後はルクソールの東岸を観光します。
カルナック神殿とルクソール神殿です~。

その8へつづく~
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内の写真について

ムーさま、

前略。突然のメールで失礼します。

私は横浜で鉱物・パワーストーンの店を経営している相沢と申します。
この度、鉱物の専門雑誌に、石の記事を掲載することになり、エジプトのハトホル神の画像が必要になりました。

画像を探している内に、ムーさんのブログを拝見させていただき2009年2月15日アップのエジプト旅行の際の写真が構図も美しく、ハトホルの特徴も捉えられていたため、もし許可をしていただけるのであれば、今回の記事に転載させていただきたいと思い、失礼ながらメールを差し上げました。

使用を希望の写真は、ハトホル神殿のハトホル女神の柱の写真です。

大変お忙しいところ、申しわけありませんがご検討していただければ
幸いです。
当方のHPのアドレスと、掲載予定の雑誌「ミネラ」さんの情報のアドレスを添付いたしますので、よろしければご覧いただき、ご判断の材料としていただければと思います。

それでは簡単ですが、以上よろしくお願いいたします。失礼します。

石の店Tian :http://www.tianyokohama.com/
ミネラ: http://shinminera.sakura.ne.jp/

Tian代表、相沢 清美

Re:ブログ内の写真について

相沢さま

初めまして、ムーと申します^^
リンクしてくださったHPの
メールアドレスへ直接お返事したいと思います。

よろしくお願いいたします。m(_ _)m

【2010/03/29 21:06】

くはっ。。 HOME 次の曲のおしらせ。

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[03/09 匿名さん]
[11/10 てっちゃん]
[11/10 ヨコハ魔の怪人]
[09/27 匿名さん]
[07/19 匿名さん]

ニコニコ動画マイリス

自作曲 mp3 だうんろ~ど りんく

閉鎖しました ><

プロフィール

HN:
ムー
性別:
非公開
趣味:
自己紹介:
ミクを使って自作曲つくってます。

メールに気付く確率が低いので、
ブログに書き込みしてくださる方が
レスは早いと思いますが、
それでも良い方は・・・こちらへ
muuuu_song☆yahoo.co.jp
(☆の部分を@にしてください。)

バーコード

最新トラックバック

ブログ内検索

カウンター

忍者ブログ [PR]
Template by repe